しあわせマルシェ

水・木・金・土曜日、週4日の営業です。

小田まゆみさんによるチャンティング・ワークショップ 

昨日はたくさんの参加者さまにお集まりいただき、楽しくワークショップをすることができました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

小田まゆみさん、今回初めてお会いしましたがとてもとても素敵な方でした。
エネルギッシュで、でもとてもチャーミングでしあわせマルシェに来ていただけたこと、そのご縁に心より感謝申し上げます。

まゆみさんはずいぶん前に反原発運動にかかわっていらしたそうです。
でも何も変わらない現状に直面され、2000年からハワイ島で農業を始められ、若い世代の方々に自分で食べるものを作ることの楽しさと大切さを伝える活動や、来日中に偶然起きた震災による原発事故以降は日本の若い人々の郷帰り(自然回帰への目覚め)を助ける「女神の郷」プロジェクトを立ち上げられています。女神の郷HP

そして今月21日、東京の多摩ニュータウンにある「愛和小学校」にて『食育菜園』(Edible School Yard)プログラムの公開授業があるそうで、その場でもまゆみさんによる講演が予定されているそうです。

「Edible School Yard」プロジェクトの発案者は、世界にオーガニック農業やスローフード運動を普及させた立役者と言われるアリス・ウォータースさんで、「畑から、キッチンから、食卓から学ぶことは共感と思いやり、忍耐と自律心。こうしたカリキュラムは、子どもたちの未来の方角を指し示し、生きる勇気を与えることができます」との言葉が彼女の著書「食育菜園」に紹介されているそうです。このような菜園学習がもっともっと日本の学校に広がればいいな、と心から願います。愛和小学校「食育菜園」プログラムHP

OdaMayumiWS.jpg
女神(ククリ姫)絵の左下の白い服をお召しになっているのがまゆみさんです
スポンサーサイト

Comment

Add your comment